薬局に関する情報が満載!

薬局の薬剤監査について

厚生労働省の進めている医薬分業の流れに伴い、街中には調剤薬局があちこちにできています。
門前薬局の場合はその他に比べて患者さんの数が多く、時間帯によっては数十人の人で店内が溢れているところもあります。
患者さんの気持ちとしては少しでも早く薬をもらって帰宅したいという気持ちがあるので、店側は少しでも早く薬が渡せるようにということを最優先に業務を行っている場合もあります。
そこで気になるのが薬の渡し間違い。
最近は先発品よりも価格が安いこともあってジェネリックの数が増えており、又、薬剤師の人材不足から医療事務員が薬のピッキングを行うことも現実にはあることもあり、ミスを起こす可能性も指摘されています。
そんな中、薬のヒートシールを読み取り、且つ処方履歴を管理できる監査機というものが販売されています。
これであれば忙しい職場でもスピーディーに業務を行うことができ、ミスも未然に防ぐことも可能です。
医療費は今後も増え続けるので、こういった製品が全調剤薬局に導入され安心して処方を受けることができる仕組みを国が率先して行ってほしいものです。

調剤薬局に導入されている監査システム

医薬分業が進んだこともあって、全国各地の医療機関の周辺には、調剤薬局が多く営業しています。
門前の医療機関の診療科目や規模にあわせて、調剤薬局の規模にも違いがみられます。
また、複数の薬剤師が常勤しているところや、一人の薬剤師で調剤を行っているところもあります。
患者さんが訪れて、医師が発行した処方せんをもってきますが、この処方せんに疑義がないかや、調剤の際に過誤を起こさないために、監査という重要なチェックを行います。
現在では、この監査の役割を果たしてくれる製品が開発されていて、すでに導入している調剤薬局があるようです。
専用の機器に薬を入れて、薬品名や数量などを認識し、処方せんを入力したデータと照らし合わせてくれるシステムがあります。
薬品があっているかどうかを判断してくれて、データは保存されるので、問い合わせがあっても直ぐに対応が可能になります。
特に、薬剤師が一人の調剤薬局では、強い味方となっているようです。

おすすめWEBサイト

メンズVIO脱毛を新宿で考える

Last update:2018/6/15