薬局に関する情報が満載!

薬局の薬剤師の必要性

病院にいる者であれ、薬局にいる者であれ、薬剤師そのものをただ単に医師の下で、その決定に何も手を下さず考えもせず、そのまま手伝っているに過ぎない存在だと思っているとしたら、それは限りなく大きな間違いです。
薬剤師は医師が勉強したわけではない薬についての専門家で、医師以上に薬の効能について学んでいる存在なのです。
ですから、病院でも薬局でも、医師すら薬について分からないことがあれば、薬の専門家の意見を聞きに問い合わせることがあるのです。
また、医師が万が一にも投薬の分量などを間違えることのないよう、チャッカーの役目をするのも薬剤師の仕事のうちなのです。
医師も人間ですから、絶対に間違えることがないとはいえない状況で、薬局で医師の出した処方箋を基に最終的なチェックするものがいなかったとしたら、患者にとってこれほど危険なことはありません。
その点から見ても、この仕事の必要性と重要性の大きさが分かるというものです。

薬局の薬剤師について

薬局の薬剤師は医薬品を販売するだけではなく、薬の説明や利用者と薬の相性を確認する等の業務を行います。
また、処方箋を扱っている薬局では医療機関と連携しながら利用者に処方された薬を手渡します。
間違いがあった時はすぐに医師に連絡し、問題を解消する事も薬剤師の役割の一つです。
医療機関内の薬局で勤務している薬剤師は入院患者の薬のケアも行います。
このような場所で勤務している人は夜勤や当直の業務があります。
深夜帯に患者に緊急事態が発生した時は適切な薬が投与されるようにします。
患者と積極的にコミュニケーションを取り、現在使用している薬がその人にとって必要かどうかを判断する事も大切な業務です。
昨今、おくすり手帳を確認し、より良いものを提供する事も大切な仕事になってきています。
薬局で勤務しているその人は飲みあわせや副作用の説明を行います。
単に薬を渡し、健康に関わる最低限の仕事をするだけではなく、患者の健康状態の変化を知る事も大切な業務です。

check

Last update:2018/5/21